自立女性応援アカデミーIIWA(以下、「当協会」という)は、「IIWA 会員利用規約」 (以下、「本規約」という)を定め、本規約に従い、「IIWA コミュニティサロン」(以下、 「本サービス」という)を提供するものとする。

第 1条(適用) 本規約は、当協会と当協会の会員になったもの(以下、「会員」という)されるの間で会員が本サービスを利用する中でおきる一切の関係にて適用されるものとする。

第 2 条(会員登録)

  1. (1)  申込者は当協会に対し、当協会が定める方法により当サイトの入会申込みを行うもの とする。
  2. (2)  本サービスの会員登録(以下「会員登録」という)は、申込者が利用料金を支払った時 点で完了する。
  3. (3)  入会申込みについて、承諾しない場合があることを予め同意するものとし、当協会は 申込者に対し、不承諾の理由を説明する義務を負わない。
  4. (4)  会員となる者が未成年者の場合、法定代理人の同意を得ることする。
  5. (5)  会員登録は、会員が自主退会、又は資格が失効しない限り原則自動的に更新される。


第 3 条(技術取得講座)

  1. (1)  技術取得講座を申込したものは講座受講期間中については会員登録をしているものと みなし本会員規約の規定に従うものとする。
  2. (2)  受講料が 10 万円(税抜)以上の場合は、本サービスの利用料金の支払いを免除するも のとする。受講期間終了後は講座受講生の要望があれば会員として扱う。


第 4 条(利用料金等)

  1. (1)  会員はサービスを利用にあたり月会費を支払う。
  2. (2)  利用料金は、月途中の会員登録又は退会の場合であっても、退会月の利用料金の日割 清算は行わないものとする。
  3. (3)  当協会は、利用料金又は購入代金を変更する場合、変更日の 1 か月前までに会員に告 知するものとする。
  4. (4)  利用料金及び購入代金について、返金を行わないものとする。


第 5 条(禁止事項等) 会員による本サービスの利用に際して、以下の行為を禁止する。

(1)他の会員、講師、当協会又は第三者の著作権、商標権、特許権、実用新案権、 プライバシー権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為、又 は侵害するおそれのある行為。
(2)差別に繋がる民族、宗教、人種、性別又は年齢等に関する表現行為
(3)会員資格の売買、その他類似行為。
(4)本サービス内で自己又は第三者の商品やサービスの広告・宣伝・誘導及び他の会員の情報収集目的、MLM・宗教・政治活動等への勧誘目的で本サービスを利用する行為を目的とする行為。
(5)反社会的勢力に利益を提供し、又は便宜を供与する行為。
(6)他の会員又は第三者になりすまして、本サービスを利用する行為。
(7)各種 SNS の定める規約等に反する行為。
(8)本サービスを通じて取得した個人情報を第三者に提供する行為。
(9)コンピューター・システム及びネットワークへの影響を及ぼす一切の行為。
(10)その他、当協会との信頼感関係を破壊すると認められると判断した行為。

2 前項各号の禁止事項に該当するか否かについては、当協会の合理的な裁量により判断 することができるものとする。


第 6 条(自主退会) 会員は、本サイト内の手続きにて、本サービスを退会することができるものとする。


第 7 条(規約違反行為等に対する措置) 会員が以下に定める事項に該当する場合、会員に通知することなく、会員投稿情報の削除、本サービスの利用停止、会員資格の失効等、必要な措置を講じることができる。
(1) 更新時において、利用料が支払われていない場合
(2)会員が本規約に定められている事項に反した行為をしたとき (3)会員と講師又は当協会との間の信頼関係が失われた場合又は当協会が会員による本サービスの利用を不適当であると判断した場合


第 8 条(会員のデータ及び会員投稿情報等の取扱い) 当協会は、必要に応じて、会員投稿情報につき、サービスの保守や改良等に必要な範囲で複製等を行えるものとする。
2 当協会及び講師は、必要に応じて、会員投稿情報を無償で利用できるものとし、会員は、これを許諾するものとする。ただし、個人を特定できる情報及び会員が限定公開の 意図をもって投稿した情報を利用する場合、事前の承諾を得るものとする。


第 9 条(本サービスの停止、変更、終了)
当協会は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの全部又は一部の提供をいつでも停止することができるものとする。
(1)本サービスに係るシステムの点検又は保守作業等を行う場合。
(2)各種 SNS のサービスが停止した場合。
(3) その他、当協会が本サービスを停止することが必要であると判断した場合。

2 当協会の都合により、本サービスの内容を変更し、又は本サービスの提供を終了する ことができるものとし、本サービスの停止等によって会員が被った損害を賠償する責任 を負わないものとする。


第 10 条(免責事項) 当協会は、以下に掲げる事項について、一切保証しないものとする。

(1)講師発信情報及び配信コンテンツの内容を含む、本サービスで提供される全 ての情報に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、信頼性、安全性、合 法性、道徳性、最新性。
(2)講師又は会員間のやりとりに関する一切の事項。
(3)各種 SNS 上に掲載されている事項。 (4)エラーや障害等の不具合より本サービスが利用できない場合。


第 11 条(損害賠償) 会員の行為に起因して当協会に損害が発生した場合、当協会は会員に対し、当該損害の全額(当協会が支払った弁護士費用を含みます。)を賠償請求できるものとする。


第 12 条(個人情報の取扱い) 当協会は、申込者及び会員が本サービスを利用する際に当協会に対して提供する個人情報を、当協会の「個人情報保護に関して」の規定に則り、取扱うものとする。

2 当協会は、個人情報を、本サービスの提供を行う目的で利用ができるものとする。
3 会員は、当協会が個人情報のうち前項に定める目的に必要な範囲の情報を、講師等の第三者に対し提供することに同意するものとする。
4 会員が当協会を介することなく、講師に対し、直接自己の個人情報を提供する場合、当協会はそれによって生じた紛争等に対しては一切の責任を負わないものとする。


第 13 条(規約の変更) 当協会は、必要と判断した場合、本規約を変更することができます。その際は変更の旨・変更内容・効力発生時期等を電子記録等の方法により会員へ通知するものとする。


第 14 条(当協会からの通知) 当協会から申込者、会員への連絡事項については、会員が会員登録の際に登録したメールアドレス又は各種 SNS を通じて連絡又は通知を行います。

2 会員は、会員登録情報に変更がある場合、直ちに当サイトにて変更手続きをするものとし、変更手続きを怠ったことにより、申込者及び会員に損害が生じたとしても、当協 会は何らの責任を負わないとする。


第 15 条(権利義務の譲渡禁止) 会員は、本規約に基づく全ての契約について、その契約上の地位及びこれにより生じる権利義務の全部又は一部を、当協会の書面による事前の承諾なく第三者に対し譲渡、 移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとする。


第 16 条(権利義務の譲渡) 当協会は、本規約に基づく全ての契約について、その契約上の地位及びこれにより生じる権利義務の全部又は一部を、第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他の処分をす ることができるものとする。


第 17 条(分離可能性) 本規約のいずれかの規定が会員との本規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該会員との契約には適用されない ものとする。ただし、この場合でも、本規約の他の規定の効力には影響しないものとす る。


第 18 条(準拠法、裁判所) 本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとする。

2 当協会、申込者及び会員は、本規約に関し、当協会と申込者及び会員との間で生じた 紛争の解決について、訴額に応じ大阪簡易裁判所又は大阪地方裁判所を第一審の専属的 合意管轄裁判所とすることをあらかじめ合意するものとする。